透明と耐熱の両立


当社が開発した改質剤をポリ乳酸に添加することで、ポリ乳酸の課題であった耐熱性を140度まで上げることに成功し、同時に透明性も実現しました。 透明かつレンジ加熱によっても変形しない汎用樹脂は世界初であり、また植物由来原料であるため加熱時に懸念される環境ホルモンなどの問題もなく、安心な材料を提供できます。

 

透明耐熱ポリ乳酸シート

 

1.透明&耐熱

従来食品用に使用される材料よりも高い耐熱性を実現した。熱湯やレンジ加熱用にも使用可能である。

ポリ乳酸比較

2.高い低温衝撃強度

冷凍加熱食品用に使用されるPPよりも高い低温耐衝撃特性を実現した。

 

ポリ乳酸 低温

3.環境適合性

生分解性であるだけでなく、温室効果ガスの削減に寄与する。

PLA 環境

 

4.成形容易

PPやPETなど従来の樹脂と同じ成形機で、同様のサイクルタイムで容易に成形可能である。

 


 

透明耐熱容器フタ

ポリ乳酸の透明性を維持したまま高い耐熱性を示した

レンジ可 PLA

レンジ加熱(500W、3分)によっても、沸騰水を注いでもフタは変形しない

 


 

透明耐熱ボトル

ポリ乳酸の透明性を維持したまま高い耐熱性を示した

耐熱ポリ乳酸

レンジ加熱(500W、3分)による沸騰水でもボトルは変形しない

 


 

ペットボトルとの耐熱性比較

 

市販のポリ乳酸に当社の添加剤を加えることにより、従来PET金型をそのまま使用して、ポリ乳酸100%の透明耐熱ボトルを作ることに成功しました。

これにより、植物由来100%で生分解性があり、かつ、熱湯にも電子レンジにも使用可能なボトル・容器が量産可能となりました