コンセプト

近年、環境配慮への高まりにより、植物などの再生可能な資源から製造されたバイオプラスチックへの関心が高まっています。バイオワークス株式会社ではポリ乳酸をペースにその持つポテンシャルを最大に引き出す100%天然素材の添加剤を開発。フィルム・シート・繊維・不織布・樹脂でも高機能化を実現、生活のあらゆるシーンで使われる製品群をお届けします。

石油資源を減らさない。カーボンニュートラルで CO2を増やさない。ゴミを出さない(微生物による生分解・土に還るリサイクル)未来の地球・子孫たちのために選ばれる商品を一緒に作りませんか?

 

①植物を原料にプラスチックを作る
従来のプラスチックは石油から作られている。石油は枯渇性資源であり、地球上に局在している。それに対して、植物は太陽エネルギーが固定化された再生可能資源であり、身近な所に様々な形で分布しています

 

②エコロジーに貢献(温暖化ガス削減)
植物は有機物であるため、燃焼させると二酸化炭素が排出される。しかしこれに含まれる炭素は、その植物が成長過程で光合成により大気中から吸収した二酸化炭素に由来する。そのため植物原料プラスチックにより、温暖化ガスを削減することが可能。

 

③エコノミーに貢献(高機能・燃えるゴミ)
植物プラスチックでありながら、従来プラスチックに劣らない高い機能開発(耐熱、耐衝撃、難燃など)に成功しています。また独自技術により高機能であっても高い植物度を保有しているため、燃えるゴミとして処理が可能。